1クラス4名限定で、志望校へ合格を目指します。

中学受験部

Think Appeal学習システムを用いて、次世代を担う子どもたちに生きるチカラを。

Think Appeal学習システム

小学校時代に必要なのは、その場その場の内容理解だけではなく、先の学習につなげるための基本的な学習姿勢を確立すること。国大セミナーでは、現在の学校の教育制度・高校入試制度の現状から考えて、算数・国語の基礎学力定着と「思考力・表現力」も養えるように学習を進めます。
小学校で習う算数・国語の「基礎中の基礎」はもちろん、身につけた知識を組み合わせ、使いこなしていくために必要な思考力・表現力も育てていきます。学ぶことの本質的な楽しさに気づかせながら、中・高での発展的学習に充分対応できる学力を育てていきます。

私国立中学校受験コース

私国立中学校受験Zコース

  • 小4・小5
  • 小6

上位校・難関校へ確実な合格を目指します。

難関上位校に出題される入試問題を確実に解くための学習を行います。演習中心の学習を基盤に、毎週ごとの授業で前回の授業のチェックテストを行い、合格点に達しない場合は再テストや補習授業などにより、確実な知識・テクニックを身につけます。

合格までの一連の流れ
  • 小4
    中学受験のスタートと位置づけ、中学受験の基礎となるテーマをじっくりと確実に修得。また、高学年に比べて時間的余裕があるので、学習だけでなく他の体験もできるような時間を確保します。
  • 小5
    小5は小4を基礎として、其の上に中学受験のテクニックを上乗せしていくため学習内容が突然難しくなるといわれています。学習の時間も長くなるので、メリハリをつけた時間の使い方を学びます。
  • 小6
    前半は新しい学習をしつつ、応用問題にチャレンジ。後半は応用問題演習と平行して、様々な学校の入試問題を解くことにより、入試問題の解き方、時間配分などをマスターします。
指導教科:小4・小5・小6 2科(算・国)+チェックテスト、4科(算・国・理・社)+チェックテスト

6つの強み

  1. 11クラス4名限定
    「集団指導」+「個別指導」×「国大セミナー指導理念」=利点を最大限に活かし、大きな成果をあげています。
  2. 2たった11ヶ月の中学受験
    小6からスタートする中学受験への挑戦。国大セミナーは段階的な学習で、最短への合格へと導きます。
  3. 3厳選カリキュラムと高能率・高密度授業
    短い時間の中にテクニックなどを凝縮して教える授業は、国大セミナーの必殺技です。
  4. 4チェックテストで復習管理
    「わかるまで、できるまで」の責任指導が、国大セミナーのポリシーです。
  5. 5「学習・生活態度」への充実した指導
    学習態度のみならず、生活態度まで指導。1クラス4名だからこそ可能な取り組みです。
  6. 6生徒・父母への万全なフォロー体制
    「欠席・遅刻補習」から「精神的フォロー」まで、きめ細やかにフォローします。

私立中学受験 11ヶ月完成Sコース

  • 小6

厳選カリキュラムで最短合格を目指します。

入試問題を解くために必要な知識を段階的に学習し、秋以降から本格的に入試問題にチャレンジしていきます。
演習と解説、毎週毎授業のチェックテストを繰り返しながら、最短で合格できる力をつけていきます。

  • 算数
    目標校の大半で出題される四則混合計算問題と数学の問題、そして割合・速度の文章問題を中心に基礎から応用までを幅広く学習。また、平面図形なども基礎を学習し、あらゆる受験問題に対応。
  • 国語
    入試問題の頻出漢字や「文法・ことわざや四字熟語といった基礎的な内容を覚えつつ、読解問題を徐々に解けるよう、簡単な文章から複雑な文章まで、記号問題から作分問題までを学習します。
  • 理科
    物理・生物・科学・地学の4分野について、入試でよく出題される問題を中心に基礎から学習。覚えることの多い強化ですが、体系的に学習することで理解しやすく、覚えやすく学習します。
  • 社会
    地理から始めて、日本という国を産業や地形などからとらえ、歴史を古代から順番に学習し、現代のあとに国会や政治の仕組みを学習。体系的なカリキュラムで、最近の入試問題に慣れやすい形で学習します。
指導教科:小6 2科(算・国)+チェックテスト、4科(算・国・理・社)+チェックテスト

都立中高一貫 受検コース

  • 小6

総合力や問題解決能力を徹底強化します。

本コースでは、答えがひとつではない「考える力」「表現する力」を必要とする問題を扱います。少人数制クラスなので発表する機会が多く、また他者の発表から自分とは違った着眼点を学ぶことができます。こうした表現力のトレーニング、および自分の考えを深め、発展させる学習は、適性検査に不可欠な要素です。

  • 算数
    制限時間の厳しい入試に対応するための集中力と基礎力を育成。膨大な量の演習問題をもとに時間の使い方を学び、問題処理速度の向上を目指します。
  • 国語
    膨大な文章量が特徴の入試問題から、効率よく必要な情報を読み取る力を高めます。さらに、自分の考えを的確に表現できる文章力もしっかりと育成します。
  • 公立中高一貫プログラム
    専門的な知識定着を促進する授業と、得点力を強化する問題演習で構成された特例プログラム。ほぼ毎月実施されるテストでは、入試に必要な実践的スキルを養います。
  • 公立中高一貫対策専用宿題
    宿題は、「たっぷり時間をかけなければ解けない問題」。時間をかけてじっくり向き合うことで、思考力を刺激し、やわらかな脳を育てます。
指導教科:都立中高一貫プログラム120分×1+算・国100分×2=合計週3個

5つの強み

  1. 16名限定グループ学習
    答えがひとつではない問題だからこそ、この少人数制が最適な解答を導き出します。
  2. 2小6から仕上げる最短入試対策
    高能率・高密度学習だから、どこよりも短期間を実現します。
  3. 3入試問題に対応したカリキュラム
    確実なステップアップで効率よく伸ばします。
  4. 4万全のフォロー体制
    1人ひとりの"わからない"はその日のうちに解決します。
  5. 5十分な演習問題量
    受験本番に強い、確かな得点力を養います。
pagetop