成績を伸ばし、志望校に合格できる力を!

中学部

はじめての試練となる高校受験で、希望通りの結果を実現します。

多様化する入試制度の下でも確実に志望校へ合格するためには 確かな学習基盤と高い実力を身につけることが不可欠です。
国大セミナーでは、中学校の成績(内申点)をアップさせるとともに、 入試への対応力を高める「成績1ランクアップシステム」を導入しています。
また、地域特有の入試状況をきちんととらえ、的確な受験指導とサポートをしていきます。

「わかるまで、できるまで。」の授業設計

国大セミナーは 生徒1人ひとりが「できる」ようになったら授業終了です。

Point.01生徒1人ひとりが自ら考える双方向授業

一般的な学習形態の授業では、講師が生徒へ学習単元の解説だけを行う『一方向的』な授業展開ですが、国大セミナーの授業では、講師が教室の6名の生徒に対して絶えず質問をくり返し、生徒と対話しながら学習単元の解説を行う『双方向型』の手法を取ります。従って、国大セミナーの授業は6名の生徒が積極的に授業に参加でき、「生徒1人ひとりが自ら考える双方向授業」が展開されるのです。

Point.02生徒1人ひとりが自己解決できる演習授業

国大セミナーの問題演習授業では、生徒1人ひとりが作成する解答を、講師が追いかけるように添削していき(※右図参照)、生徒1人ひとりの「誤り・つまずき」を発見・指摘し、生徒自らが自己解決できるようにコーチング指導を行います。子どもたち1人ひとりにすぐにフィードバックを行うことで、「生徒1人ひとりが自ら考える問題演習授業」が展開されるのです。また、同じ学習単元を6名が同時に取り組むことにより、6名メンバーの「集中力」と「スピード」が一気に加速し、お互いの問題解決活動を良い意味で競い合う「競争心」が生まれます。そして同時に、同じ目標(それぞれの第1志望校合格)を持つもの同士の「熱い信頼関係」が芽生えるのです。つまり、6名という小集団活動が活性化された状態である『グループ・パワー』が生み出されるのです。これは「大教室授業」「個別指導」「単なる少人数制授業」では到達できないものです。

演習授業

Point.03チェックテスト

確実な成績アップと第1志望校合格を確実に達成するためには、その日の授業の学習目標を確実にマスターすることです。そこで、「わかるまで、できるまで。」を今まで以上に追及するため、授業後に、その日の学習内容の徹底理解を図るための『チェックテスト』を実施します。塾生は、毎回の授業の最後に行われる『チェックテスト』を合格しなければ、その日の授業を終えることはできません。講習会毎に行われている「復習テスト制度」を「チェックテスト」として、通常の授業に導入しました。

チェックテスト

成績1ランクUPシステム

「内申点」と「実力」を同時に高める独自の指導法を導入。さまざまなアプローチで、確実な目標達成。

成績1ランクUPシステム

plus point!

ワンラックアップ面談
成績を上げるには目標が必要です。その目標を設定するための面談で、講師と生徒がお互い納得するまで話しあい、教科ごとのテストの目標点数や具体的な行動目標を「ワンランクUP台帳」に記録します。テスト後には面談で結果分析を行い、生徒の学習活動を振り返らせることで、気付きの力を育成させます。
ワンラックアップ面談

Point.01平常授業

学校より1ヶ月ほど早い「先取り学習」。事前学習することで、学校の授業に自信を持って臨むことができます。また、塾の授業・家庭学習・学校の授業などでくり返し学ぶ「リピート学習」で、確かな定着をめざします。

Point.02定期試験対策

教科書別・中学校別の徹底した中間・期末テスト対策。先輩が解いた過去問題も入手して、対策指導を行います。試験範囲の総復習で、既習知識を再チェック・定着。この試験対策も「リピート学習」の根幹をなすものと言えます。

Point.03入試対策授業

中3生には特別プログラムを用意。特進コースは8月、本科コースは12月より対策授業に移行します。入試直前期には各種講座群や過去問題集の質問受付などを行い、それぞれの第1志望校合格まで力強く導きます。

Point.04特訓講習会

春・夏・冬に実施。特に、時間のたっぷりある夏休みと入試直前の冬休みには、密度の濃いプログラムを用意しています。前学期までの総復習と同時に、入試を見据えたハイレベル問題にも取り組み、短期間で5~10の偏差値アップを実現します。

Point.051ランクアップ面談

成績を上げるには目標が必要です。その目標を設定する面談が『1ランクUP面談』です。講師と生徒がお互いに納得するまで話し合い、教科ごとのテストの目標点数や具体的な行動目標を『1ランクUP台帳』に記録します。
テスト後には面談で結果分析も行います。この狙いは、生徒の学習活動を振り返らせることで、気づきの力を育成させます。

中学別定期テスト対策

先輩が解いた過去問題も入手して、対策指導を行います。試験範囲の総復習で、既習知識を再チェック・定着。

Point.01完全中学校別対策

各学校のテスト範囲をすべて調査すると同時に、過去のテスト問題を収集・分析。多塾のような大ざっぱな対策指導ではなく完全中学校別テスト対策を行い、要点を整理しながら出題範囲の理解定着を図ります。

Point.022週間の対策授業

学校別・教科別の徹底した定期テスト対策を、試験2週間前より実施します。計画的な学習により、短期間でしっかりと出題範囲の総復習ができ、効率的にテスト対策に取り組むことができます。

欠席・遅刻補習、特別補習の徹底

欠席・遅刻補習、理解不足等の特訓補習の徹底

欠席・遅刻の場合はキッチリと補習、また、慣れない入塾直後、授業で理解不足が生じた場合、前学年内容で理解不足を発見した場合等は、できるまで補習します。

中学生(T.Yさん 中2生)
テストに対する意識
BEFORE授業についていくので精一杯。内容を理解できないまま次の単元に進んでしまっていたのでテストでも解けない問題が多くあった。
AFTER授業内容を理解できなかった時は、授業後に先生ができるまで丁寧に教えてくれる。すべての単元を完全に理解しながら進められるのでテストでもつまずくことなく余裕を持って解いていける。
部活との両立に対する意識
BEFORE以前通塾していた塾では、時間が合わず部活動のため授業に参加できないことが多く部活と勉強の両立は難しかった。
AFTER国大セミナーでは、部活動で授業を休んでもちゃんと補習してくれるから安心。部活を頑張りながら、成績もしっかり伸ばせている!
小学生(S.Nくん 小6生)
テストに対する意識
BEFORE授業でわからないところがあっても、はずかしくてなかなかいいだせなかった。
AFTER国大セミナーでは、授業後に先生から、わからないところはないか話しかけてくれる。気軽に質問や相談できる環境があるから安心して勉強を進められる。
部活との両立に対する意識
BEFORE先生や親に「やらされている」という感覚で、意欲的に勉強に取り組めなかった。
AFTERしっかりとできるようになるまで、先生がトコトン付き合ってくれる。自分の力で解けるようになるからどんどん勉強が楽しくなってきた。

特進コース

  • 中1〜中3

高度な学力の養成と確かな内申対策で、都立・公立トップ校・私立難関校合格へと導く

目標達成に向けて高度な学力を身につけていくために、このコースでは中3の10月までに中学校の全範囲を修了させ、入試対策授業を開始。 内申対策と同時進行して、入試に向けた応用力の養成を行い、第1志望校の合格を目指します。国大セミナーならではの1クラス6名限定グループ学習法を基盤にしているからこそ、数多い演習量がこなせ、トップレベルの実力が確実に養成できます。

特進コース

学習内容

  1. 1高度な学力の養成と内申フォロー。
  2. 2入試での実践力と内申対策。※教科書非準拠
合格までの一連の流れ
  • 中1
    決して速すぎないペースで難関校合格に必要な思考力を養成し、土台を固めます。また、全国模試により、弱点の把握・克服はもちろん、テストに対する姿勢も意識付けていきます。定期試験前には試験対策により、高い水準での内申点をキープします。
  • 中2
    入試で鍵を握る重要単元を完全攻略。基本パターンを定着させた上で、入試問題を数多く扱い、実力アップを図ります。全国模試では点数を取るための意識の植え付け、ケアレスミスの重みを指導していきます。
  • 中3
    10月からは入試対策授業へ。難関校合格に向けた難易度の高い様々な入試問題を解くことで解法パターンを身につけ、さらにパターントレーニングで学力を伸ばしていきます。これにより、いろいろな知識が組み合わされた問題に対しても柔軟に対応できる力が養成されます。

本科コース

  • 中1〜中3

バランス良く偏差値・内申をアップさせ、目標校合格を目指します。

志望校合格には、内申点を確保するとともに、実力(偏差値)を養成することが必要です。このクラスでは、学校の先取り授業で学習内容の確かな理解と定着はもちろん、中1のうちから万全の定期試験対策を行って、内申点をアップを、また実力錬成問題で実力(偏差値)のアップを図ります。中3の11月までに中学校の全範囲を修了できるペースで授業を進め、各志望校の傾向をとらえた万全の入試対策を実施。1ランク上、2ランク上の高校を目指します。

本科コース

学習内容

  1. 1内申対策と応用力の養成。
  2. 2入試に向けた実践力と内申UPを図る。※教科書非準拠
  • 中1
    教科書の内容の完全理解により、高い内申点を確保し、難易度の高い入試問題を攻略するための土台を作ります。英語は品詞を意識しながら英文を正しくとらえる力を養成。もちろん、単語、文法も指導していきます。数学は、数学のおもしろさを追求し興味を引きつけながら解ける喜びを実感させます。これにより、数学に対する苦手意識を完全に取り除きます。また、全国模試、国大統一テストで弱点を確認し、これを克服していきます。
  • 中2
    入試・外部模試頻出の重要単元を指導します。基本問題はもちろん、応用問題も数多く取り組み、反復演習することで定着させます。また、国大統一テスト、全国模試では知識の定着度を確認するとともに、答案作成技術を指導し、確実に点数を取る訓練をしていきます。
  • 中3
    11月末には中学の内容をすべて終え、入試対策となります。志望校合格に向けた様々な入試問題を解き、解法テクニックを身につけます。また、外部模試での偏差値アップに対しても積極的に取り組み、1ランク上の高校に合格できる力を身につけます。
pagetop