自分の頭で考え、自分の言葉で表現できる力を!

小学部

Think Appeal学習システムを用いて、次世代を担う子どもたちに生きるチカラを。

Think Appeal学習システム

小学校時代に必要なのは、その場その場の内容理解だけではなく、先の学習につなげるための基本的な学習姿勢を確立すること。国大セミナーでは、現在の学校の教育制度・高校入試制度の現状から考えて、算数・国語の基礎学力定着と「思考力・表現力」も養えるように学習を進めます。
小学校で習う算数・国語の「基礎中の基礎」はもちろん、身につけた知識を組み合わせ、使いこなしていくために必要な思考力・表現力も育てていきます。学ぶことの本質的な楽しさに気づかせながら、中・高での発展的学習に充分対応できる学力を育てていきます。

2020年から大学入試が変わります

特進コース

  • 小5・小6

最難関校・地域トップ進学校を見据えたアドバンスクラスです。

中学校でも成績を伸ばし続け、最難関校・地域トップ校に合格するためには、小学生のうちから応用力や発想力、論理性や表現力などを身につけることが重要です。6名限定のグループ学習が、生徒一人ひとりの眠った能力を引き出すのに最適な環境を作り上げますので、「私立中の受験は考えていないが、よりハイレベルな学習を」とお考えの方に最適なコースです。

特進コース
指導教科:小5・小6 2科(算・国)

5つの強み

  1. 1思考力・表現力を養成
    さまざまな種類の思考力育成教材を使用。国語では要旨をまとめることを重視した表現力や記述力、算数では筋道を立てて考えることで応用力を段階的に伸ばしていき、確実に思考力を身につけさせます。
  2. 2考えることが楽しくなる算数
    算数では国際算数・数学能力検定協会が作成した教材を使用し、思わずワクワクするような楽しい問題を多数扱います。 現代の子どもの「算数・理科離れ」を阻止し、学校の勉強だけでは身につかない規則性・推理力など中学受験でも必要な力を、 楽しみながら身に付けることができます。
  3. 3最難関の高校受験の準備にも
    思考力・表現力はもちろんのこと、算数の文章題、計算、漢字・慣用句等のスペシャリストを育成します。
    これらを授業内で『特訓』という形式で行い、ハイレベルな計算力・知識力を身につけます。
    スペシャリストという自信が高校入試における最難関校を目指す準備となります。
  4. 4考えることが楽しくなる算数
    2ヶ月に1度行われるテストで到達度を確認します。偏差値により客観的にお子様の「現在の位置」が分かります。
    また、偏差値に興味を持たせる事によって、早期から目標を持った学習習慣をつけさせます。
  5. 5検定試験にもチャレンジ
    年に3回、漢字検定、数学検定のプレテストとなる漢検・数検コンテストを実施します。
    小学生から資格を取ることにチャレンジしてもらい、資格取得の喜び・達成感を与えます。

本科コース

  • 小4〜小6

小学校授業のスムーズな理解と成績アップを実現します。

小4、小5では、学習に幅や深みが出てきます。そのため、積極的に学習に取り組む姿勢や、応用問題もあきらめずに解き進める強さが必要です。漢字・計算の基礎基本、表現力・思考力の養成を重視し、学校準拠教材で楽しくのびのび学んでいきます。学校内容を完璧にし、中学進学後に成績上位に入る力を養成します。小6は中学進学へ向け、学習を完成させる学年です。小学生の学習内容を着実に身につけ中学部への移行をスムーズにおこないます。

本科コース
指導教科:小4〜小6 1科(算または国)、2科(算・国)

5つの強み

  1. 1準拠教材による学校内容完全理解
    学校のテストで100点を取ることを目的としているため、学校準拠の教材を徹底的に学習します。
  2. 2アクティブラーニングによる主体性の育成
    自ら考え、発言することで注目され褒められる体験がヤル気に直結し、生徒が自らすすんで次の課題に取り組むようになります。
  3. 3がんばり連絡帳による毎日学習する習慣づけ
    1週間のスケジュールを立て、毎日出される宿題に取り組み、翌週講師がチェック。確実に学習内容を理解でき、家庭学習の習慣も自然とつきます。
  4. 4自社開発ドリルによる反復学習
    その日の授業を振り返ることができる自社ドリルでは定期的に1ヶ月前の復習や前学年の復習を入れこんでいて効果的に反復学習ができます。
  5. 5コンクールと各種検定対策
    思考力、表現力の発表の場です。作品を創り上げることで自主性を育てます。また、各種検定の対策もおこなっております。

国大ジュニアスクール

  • 小4〜小6

低学年のうちに身に着けたい基礎学力を育成。

「勉強って楽しいんだ」という気持ちは、低学年のうちに育んでいきたいものです。このコースでは、パズル問題や自由に答えることのできる「ことば集め問題」を通して楽しく勉強を勧め、「勉強に対する意欲」を高めることを第一の目的としています。もちろん「読み書き計算」も担当講師がしっかり指導させていただきますので、高学年で成績を飛躍的に伸ばすための土台づくりが可能です。

国大ジュニアスクールのとらえる「基礎学力」
読み・書き・計算などの基本技能
思考力・表現力
基礎学力
指導教科:小1〜小3 2科(算・国)無学年制

5つの強み

  1. 11クラス4名限定で1人ひとりが主役
    1人ひとりに責任をもって指導したいことから、1クラス4名限定となっております。多人数ではどうしても授業に参加できない生徒、輪に入れない生徒がいます。4名限定だから、1人ひとりの状況を確実につかんだ指導が可能です。アットホームな雰囲気で1人ひとりが主役となり、楽しく学べます。
  2. 2思考力・表現力を
    養うための土台作り
    学習に対する興味・関心を持たせながら、T&A学習(思考力・表現力を育む指導)をしています。機械的に覚えるのではなく、柔軟な思考で物事を捉え、論理的に裏付けされた知恵を身につけられます。
    問題を解くプロセスを大切にすることで、子どもたちの好奇心を引き出し、1歩進んだ学習内容を提供します。
  3. 3スパイラル学習で完全定着
    低学年のうちに漢字・計算力をどれだけマスターできるかが、その後の成績の伸びにつながります。
    「読み・書き・計算」を第1の習得と考えながら、3冊繰り返し型学習で完全定着させます。
  4. 4無学年制クラスで他学年から刺激
    クラス編成は「無学年制」、だから同じクラスに自分とは違う学年のお友達から「刺激」を受けて「子どもたちは競うように学習していく」のが、このコースの狙う学習効果の1つです。
  5. 5学習習慣が身につく
    家庭学習帳をつけてもらうコツは、毎回きっちりこなせる量の宿題を出すこと、そして必ず解ける難易度の宿題を出すことです。ジュニアスクールではこうした点に留意し、家庭学習習慣を身につける土台を形成します。

Wonder English!

  • 小4〜小6

2020年度新大学入試制度に対応。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を育てます。

小学校の英語教育は2020大学入試改革の一環として、小3から英語が必修化し、小5からは英語が正式な教科へと変化していきます。そして今まで以上に「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能が重要となります。そこで私たちは楽しい仕掛けで子ども達の興味・関心を引き出し、目に見える形で英語力を高めていきます。学校英語や英会話教室では身につかない、学習塾ならではの英語4技能養成をお約束します。

指導教科:小4〜小6 1科(英) 無学年制

5つの強み

  1. 1 2020大学入試改革に対応
    2020大学入試改革では、英語を4技能で評価することが決定しています。この4技能をまんべんなくトレーニングできるのが、国大セミナーの小学生本科英語。大学入試を見据えた上での英語学習に最適です。
  2. 2アクティブラーニングを取り入れた楽しい授業
    少人数ならではのアクティブラーニングで、主体的に英語を使うシーン(ゲームやロールプレイ)が多い授業です。学校ではみんなの前で恥ずかしくて言えなかった英語のフレーズも、国大セミナーではイキイキと発声できます!
  3. 3 塾ならではのライティング強化や文法授業
    英語は言語ですから、同じ表現を何度も耳にしたり、使ったりしながら身につけるもの。
    国大セミナーオリジナルのカリキュラムでは、同じ単元を最低でも2回は繰り返すスパイラル手法を採用。
    これによりお子様の英語力を着実に定着させていきます。
  4. 4ネイティブの発音+日本人講師の分かる解説
    ネイティブに触れられる英会話スクールでは「なんとなくフレーズは覚えられる」ものの、そのフレーズの意味を理解していないことがよくあります。国大セミナーではネイティブのCDを使いながらも、文法等の説明は日本人の講師がしっかりと解説。理解の消化不良を防ぎます。
  5. 5世界で定評あるWonder English! を使用
    使用する教材 Wonder English ! は、全国100以上の塾で使われているだけでなく、韓国や中国でも好評を得ている教材です。これから世界で活躍するお子様をフルサポートします。

Super English School

  • 小4〜小6

これからの英語に対応するために

大学入試改革によるスピーキングテストの導入や、小学校英語教科化により、読む、書く、聞く、話すの英語4技能がより重要になります。そのため、国大セミナーでは、「これからの英語」に対応した英語コースを2017年に開校しました!

指導教科:小4〜小6 1科(英)

Super English School 実施校

Super English School は下記の校舎にて開講中です。詳しくは下記校舎に直接お問合せください。(校舎受付時間:14時〜)

5つの自信

  1. 1外国人講師と完全個別レッスン
    英語が使えるようになるには1:1のコミュニケーションが必要
  2. 2「書く」ためのトレース練習
    英語と日本語の語順の関係性がわかる。会話だけではなく「書く」ことも必要。
  3. 3フォニックス指導
    英語を正しい発音で読めるようになる。
  4. 4基本文の暗唱
    サッと言える英文を増やす。60 秒スラスラチャレンジに挑戦。
  5. 5学習塾ならではの宿題・学習管理
    授業だけでは英語を使えるようになりません。
Super English School では英語4技能をもっとも効率よく学習する新メソッドで学習効果を最大にします

Super English Schoolの基本的なレッスンの流れ

小学生クラスの基本的なレッスンの流れ

Point.011:1オンラインレッスン

15分間のマンツーマンのオンライン英会話では、何度も声に出し、サッと言えるようになるまで練習します。フラッシュカードに合わせて講師の英語をリピート練習するところから始まります。ただ機械的に英語を言わせるのではなく、英文の意味の確認もきちんとおこない、日本語から英語に直せるように指導します。 生徒のレベルに合わせ、進度を決めていきますので、初心者の生徒でも安心してご受講いただけます。

Point.02基本文の暗唱

オンライン英会話レッスンの後、生徒はテキストや付属のCDまたは音源を使い、生徒自身で基本文の暗唱をします。 生徒は基本文の暗唱ができたら、担当の講師に確認してもらいます。しっかりと暗唱できていたら、テキストのチェックリストにシールやスタンプを押してもらいます。全部の基本文をマスターできるように頑張りましょう。

Point.03自立型個別学習

[I] トレース練習・並べ替え問題・英作問題
キーセンテンスだけではなく、そのレッスンに使用されている単語もセンテンスにし、トレース練習や、並べ替え問題、英作問題に取り組んでいただきます。トレース文の下には、英語に対応した日本語訳も記載しています。英語と日本語の語順の関係性も一緒に学ぶことができます。


[II] Check Quiz
テキスト内のチェッククイズに個別に取り組んでいただきます。細かな習得状況の把握ができます。


[III] 到達度テスト
年1~2回実施いたします。TalkTimeやPhonicsがどの程度定着しているかを確認します。


[IV] Surasura Challenge
各テキストにつき、5ステージずつ用意されています。1ステージにつき12の文が用意されています。これらの文を日本語だけを見ながら英語で言います。12文を60秒以内に言えたら、合格です。「簡単な英文をスラスラ言えるまで練習する。そして、サッと言える英文を少しずつ増やしていく。」こうすれば「使える英語」に一歩ずつ近づくことができます。


[V] Phonics Challenge
フォニックスチャレンジは、全部で30級あります。名前読み(エイ・ビー・シー)、音読み(ア・ブ・ク)から始まり、3文字単語、マジックe、2重音字など、読み書きのルールを学びます。小学生の時期にじっくりフォニックスを学んでいただきますと、中学校英語の教科書に出てくる単語の約70%は、フォニックスのルールを使って、読んだり書いたりできるようになります。

pagetop